借り換え.com > 借り換え相談のすすめ

住宅ローン借り換え相談のすすめ

住宅ローンの借り換えは、金融機関に相談して理解を深めよう!

最近の住宅ローンをめぐる動き

2006年3月の量的緩和解除、2006年7月のゼロ金利政策解除など金利の上昇に関わる話題が世間を騒がせました。預金金利も上がりましたがローンの基準金利も上がりました。バブル期には銀行の住宅ローンは8%を超えていたことを考えると、今後も金利上昇の可能性が高く、住宅ローンの利用にあたっては金利動向を注視していくべきでしょう。最近では、金利上昇トレンドにより長期固定金利の住宅ローンが選ばれることが多くなっています。
また、住宅金融公庫も独立行政法人「住宅金融支援機構」へと移行され、民間金融機関の競争が激化し最近ではオリジナリティあふれる住宅ローン商品も登場してきています。今後も多種多様な住宅ローン商品の中から自分のライフスタイルにあった商品を選ぶチャンスといえるでしょう

住宅ローン借り換え.comおすすめ住宅ローン借り換え相談

住信SBIネット銀行の住宅ローン相談

住信SBIネット銀行
団信・全疾病保障が無料でついてこの金利!
ネット専業の銀行だけにホームページの充実のシミュレーション機能やメールでの問い合わせなど自分のペースで借り換えの検討が可能です。
電話では住宅ローン専属スタッフが対応してくれるので安心して相談が出来ます。
長期固定と変動金利を上手に「金利ミックス」させてお得な借り換えを!
住宅ローン相談3つのメリット 住宅ローン相談3つのメリット 1.的確
シミュレーション機能を用いて、既存の借入状況と借り換え後のメリットを明確にすることが出来ます。また将来的な金利変動を想定し任意で数値を入れることで試算することが可能です。
最大限のメリットを得られるよう借り換えを検討する上で頼もしい機能です。
住宅ローン相談3つのメリット 2.充実
低利で豊富な金利タイプの選択肢、繰上げ返済の利便性、追加負担なしでの全疾病保障の加入など魅力的な住宅ローンです。
申し込みから契約まで来店の必要もなく忙しい方でも大丈夫。
電話での相談は住宅ローン専属スタッフが土日も対応してくれる充実のサービスです。
住宅ローン相談3つのメリット 3.安心
インターネット専業の銀行ではありますが三井住友信託銀行とSBIグループが共同で設立しており経営基盤については心配ないと言えるでしょう。
三井住友信託銀行のノウハウとSBIグループの革新性を武器に「顧客中心主義」に努めた商品の提供をしています。

現在、本当の意味の金融の自由化が始まり、多種多様な金融商品が登場してきました。
中には過剰な広告や甘いキャッチを使用したものも増えてきています。
私たちは、住宅ローンについて正しい知識を身につけきちんと自己防衛を取らなければなりません。
しっかりと理解をした上で専門家に相談をし、あなたにとって一番よい解決方法を見つける事が必要です。

住宅ローン借り換え相談

住宅ローンの借り換えに関するご相談・資料請求・仮審査申込はこちらから