借り換え.com > 借り入れ相談のすすめ

住宅ローン借入相談のすすめ

住宅ローンの借り入れは、不安な点を解決することからはじめよう!

最近の住宅ローンをめぐる動き

2003年6月住宅金融公庫法及び住宅融資保険法の一部を改正する法律が公布・施行され住宅金融公庫は2007年4月1日から独立行政法人「住宅金融支援機構」に生まれ変わりました。
現在住宅ローンは民間金融機関の従来プランのほか、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)が民間金融機関と提携した住宅ローン【フラット35】など多様化し競争も激化しています。
量的緩和政策解除やゼロ金利政策解除など住宅ローンに関わるニュースもよく聞かれ安易な選択は危険な状況といえるでしょう。
そんな今だからこそ損しないための賢い金融機関選び、考えてみませんか。

借り換え.comおすすめ住宅ローン借り換え相談

KDDIの住宅ローン相談

KDDIの住宅ローン相談KDDI
三菱東京UFJ銀行とKDDIが共同出資。住宅ローンで重要な「金利」はもちろん、万が一に備える団体信用生命保険の保障も充実!
住宅ローン相談3つのメリット 住宅ローン相談3つのメリット 1.的確
KDDIのau住宅ローンは口座がなくても仮審査申込みが可能です。また仮審査は最短即日回答からで契約から実行まで最短10日を目指しています。さらに申し込みから契約まで原則契約書の記載・捺印・印紙代が不要とネット完結を実現しました。
住宅ローン相談3つのメリット 2.充実
通信会社のサービスを活かし、au通信サービスとau住宅ローンをセットご利用いただくと、毎月500円分をau WALLETプリペイドカードへ最大5年間30,000円分をキャッシュバック(チャージ)致します。もちろんauユーザー以外の方も申し込みができます。
住宅ローン相談3つのメリット 2.安心
KDDIのau住宅ローンの商品性で代表的な特徴のひとつとして、「がん」と診断されたらすぐに保険でご返済がされる「がん50%保障団信」など、返済期間中に万が一のことがあったときにそなえる団体信用生命保険料0円が挙げられます。11疾病保障団信、がん100%保障団信、がん50%保障団信にあたってはご加入いただいたお客さま限定で、24時間電話健康サービス・セカンドオピニオンサービスが受けられます。他、保証料や一部繰上返済手数料、収入印紙代などが同じく0円とお財布も安心!申し込みにあたってのご相談もコールセンターで対応致します。

現在、本当の意味の金融の自由化が始まり、多種多様な金融商品が登場してきました。
中には過剰な広告や甘いキャッチを使用したものも増えてきています。
私たちは、住宅ローンについて正しい知識を身につけきちんと自己防衛を取らなければなりません。
しっかりと理解をした上で専門家に相談をし、あなたにとって一番よい解決方法を見つける事が必要です。

住宅ローン借り換え相談

住宅ローンの借り換えに関するご相談・資料請求・仮審査申込はこちらから